車体の色によって、同じ車種でも査定額は変わってきます。定番色と言われる白や黒は安定した人気があるので、見積額に上乗せされることが多いでしょう。更に、定番カラーでもあるシルバーはボディーについた汚れなどが目立ちにくい特徴もあるのでより人気があります。それとは逆に、これら以外の色では、見積額が高くなるとは考えにくいのです。いくら査定したときに流行の色だったとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に流行が終わっている可能性が高いからです。9月や3月の会社の決算時期や一般人にボーナスが入る季節というのは、不要な車を売るのに適したタイミングはあるのです。中古車市場での需要が高まる季節には車の需要につられて中古車買取の相場も高くなるからです。でも、車を売ろうと決心したときが決算やボーナスの時期と大分離れていた時には、このタイミングに合わせて取り引きした方が良いとは限りません。じっさいの売却時期が遅くなれば車の全式も当然ながら進んでいきます。相場上昇によって恩恵を被るよりも、愛車が型落ちして価値も下がることの方が大きくなることも予想されるからです。車を査定してもらうときには車検証だけあれば良いのですが、いざ売却するときには複数の書類が必要になってきます。普通自動車を売るのだったら車検証に加えて自賠責保険証や納税証明書やリサイクル券、ほかにも印鑑証明や実印が必要になってきます。仮に納税証明書をなくしてしまった場合には、一般的な普通自動車と軽自動車の場合では再発行してくれるところが違ってきます。普通自動車のケースでは県などの税事務所で、軽自動車の場合には市役所などがその窓口になります。自分が所有する車を売却しようと考えているならば、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス査定になるでしょう。いくら傷などがない方が良いからと言っても、素人が直したのでは、プロが見たら修繕前よりも却って傷が目立つようなことがあるのです。故意に付けなくても自然に付いてしまうようなとても薄い傷などは、ほぼ査定額に影響しないことも多々あります。自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、大変な思いをして自分で修理しようとしないで、そのまま見積もりに出した方が良いかも知れません。中古車買取店に車を売るために複数の会社に一括して査定を申し込めるサイトなどを利用した場合、実車査定を勧める電話がひっきりなしにかかってきます。そこまで対処している暇がないという人は、各社からの連絡先に電話ではなくメールを指定できるサイトをあらかじめ利用するようにすると良いでしょう。営業マンにもよるのですが、顧客の都合や時間帯も考えずに連絡を繰り返してくることもあるようです。初めから電話連絡お断りにしておけばメールをチェックするだけでいいので、不要なストレスを回避できます。全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合もはじめから売ることをやめてしまうことはありません。動かなくなっていても価値があるケースもあるからです。部品単位でみれば故障しておらずまだ使える部品もあるでしょうし、パーツごとに値段をつけて買取を行ってくれる店はあるところにはあるのです。通常の店舗では不動車買取ができない可能性も高いので、事前調査して不動車を査定してくれる業者に依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。中古車の査定項目の中には、タイヤの溝の残り具合も確認するように決められているため、減っていれば減点されてしまいます。しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えても費用ほどには査定アップしませんから、新品のタイヤに履き替えるのは無意味と言って良いでしょう。しかしながら、履いているのがスタッドレスタイヤの場合には、あらかじめ通常のノーマルタイヤに戻してください。スタッドレスタイヤを履いていても、季節や地域限定でしか売れないため、査定額が下がってしまう原因になるのです。国内での流通実績の点からすると国産車に比べて外車は数が少な過ぎますから、同じ状態の車でも業者によって買取額が全然違います。言われるがままに売って大損するケースも外車にはよくあることです。面倒でも輸入車専門店を探して査定を依頼すると、外車に乗る客層のニーズを理解しているので不当な安値をつけられる心配というのがありません。けれども輸入車であれば何でもいいわけではなく、実際にはスポーツカーが得意だったりドイツ車中心であったりと業者によって特色があります。ウェブの車買取一括査定サイトなどを上手に使って、どこなら高く売れそうかを見極めると良いでしょう。自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、直接査定には響きませんが車を高く査定してもらうには効果があるのです。じっさいには車が洗車してあってもなくても、査定基準的にはあまり影響を及ぼさないのです。査定額アップに直接は結びつかなくても、車を大事に扱う人だと言うことを印象づけることは可能です。車を雑に扱っていた人よりも買取会社は信頼感がアップするでしょうから、査定結果も良くなって結果的に得をすることになります。自家用車を手放そうと決めたら、出来るだけ綺麗に清掃してから車を売りに出すことです。この訳は2つです。一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。2番目の理由は、自動車の中にこもった臭いを軽減することが可能だからです。車内でタバコを吸っていた人やペットを乗せたことがある人は、程度問題ですが大きなマイナスポイントです。中に残っている汚れが原因で臭いが出てしまうので、車内の細かな箇所まで丁寧に掃除してあげることで嫌な臭いを軽くする事ができるのです。